慶応2022補欠繰上予測3.9

慶応が、想定通りに3月7,8と繰上を更新してきたので、そこからわかったことをまとめた。youtube動画にすると思うが、タイムラグがあるのでデータだけ先公開している。詳しい説明は動画を待って欲しい。それまでこれをみて、動画内容や最終繰上数を推理しながら過ごすと有意義かもしれない。

オフィス藤原youtube動画 ここに、更新される。多分71とか72回に。オフィス藤原 受験就活コーチング – YouTube (作りませんでした🙇)

では、いつものエクセルをまずはる。下により細かい、過年度まで見れるpdfを用意した。

 現状の予測は、前回予測とほぼ同様だが、計算上の最終合格数=繰上数が出せるので、右のオレンジ2列に更新した。数字が羅列してある右から三列目が計算上の数字である。

 2021の総合格数×3/8時点での前年比-2022の正規合格者数=

 で計算した。現状のデータ上の回答はこれになる。右から二列目は、自分の推理を足したものである。理工は昨年度が異常だったので、昨年度ベースではだめで過去のmaxデータに変えた。商はAB合計数は想定通りだが、その比率が想定外で、多分合格者数の比(左の方赤塗りセル)が関係しているのだと思う。SFCは謎すぎるが、過去のデータを見ると、大体現時点の2倍程度が想定される。次回は3/16、17が想定され、SFCは17、他は16(法・看護・薬も)だろう。医学部はシステムが全く違うのか、昨年15なので、14に単独で出してきそう。

 また大学が情報を更新した後、時間があるときに更新する。

難関大 私立文系 予備校「増田塾」の元教務部長。 現在は、現代文・小論文講師として出講している。

2件のコメント

  1. 突然のメール失礼いたします
    息子が慶應の薬科学科の補欠でもうすでに48人くりあがっておりますが
    もう見込みはありませんか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です