上智繰上予測 データ分析結果3/3

このあと動画にするデータのみ先に貼り付けます。説明不足は動画で解説します。動画までこのデータや予測に関する質問はお待ちください。見やすく加工とかせずにデータのみでごめんなさい。

まずは、年度ごとの日付ごと比較から考えられる今年度上智の繰上数予測。

見て分からない人は、あきらめて下に進んでください。動画の説明を待ってください。

↑左下の青塗りが2022の予測案4つです。第1案か第2案が数字から考えられるものですが、多すぎるので、少し不安になっています(期待させて・・・とならないかと)。

続けて、各学部及び試験方式別繰上数予測。

簡単な説明を。前回した説明は省きます。そして基本動画をお待ちください。
1,過去の辞退率 =(合格+繰上数-募集人数)/(合格+繰上数) から考えてみました。最低でもminから計算した一番右の列の分は繰上がります。
2,3/3時点での予測 緑列です。比率は前と同じものになっています。この番号付近が現在の予測値です。

では、あとは動画で説明します。それまではこちらから推理してお待ちください。見づらすぎて申し訳ないので、またpdfつけときますが、これもみづらいかもしれません。

難関私大文系予備校「増田塾」の元教務部長。 現在はオフィス藤原を運営しつつ、増田塾に現代文・小論文講師として出講している。